トップページ > CSR > コンプライアンス活動紹介

コンプライアンス活動紹介

コンプライアンスの考え方

 一般的には「コンプライアンス=法令遵守」と表現される場合が多いため、ともすると「法律さえ守っていればいい」という考えに陥りがちです。当社では、「コンプライアンス」を「法令遵守にとどまらず、社会の良識や規範を守り、正しい行動すること」と定義しています。組織に向けられた社会的要請に誠実に応えて、目的を実現していくことが「コンプライアンス」に通じると考えています。

コンプライアンス推進体制

コンプライアンス体制・組織

 コンプライアンスを推進する全社的な委員会組織として、「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンス事項に関する情報交換などを行っています。また、下部組織として事務局が設置されており、石塚硝子グループにおけるコンプライアンス統括部署として以下の役割業務を果たしています。

  • コンプライアンス委員会の運営
  • 職場内におけるコンプライアンス上の問題への相談窓口
  • コンプライアンス体制、組織の整備
  • コンプライアンス遵守状況のチェック総括
  • コンプライアンス教育の推進
  • その他コンプライアンスに関する事項全般 など

内部通報制度

 当社従業員は、コンプライアンス上の問題が発見された場合に、職場内では解決できそうにないと判断された時、目安箱などを利用し、コンプライアンス委員会に直接通報をすることができます。通報があった場合、コンプライアンス委員会は即座に事実関係を確認し、適切に対応します。通報に対しては、通報者に不利益な処遇や処分がないよう十分配慮しています。

コンプライアンス教育の推進

研修会の開催

 「CSR研修」を開催し、コンプライアンスだけにとどまらずCSR全般について映像や「コンプライアンスのしおり」を教材に身近な問題を取り上げ、意識の向上につなげています。
 今後も継続的に研修を行いコンプライアンスの徹底を図っていきます。

各種配布物のご紹介

 「コンプライアンスのしおり」を当社グループ社員に配布し、基本的なコンプライアンス事項や実践の仕方について、漫画を使いわかりやすく解説しております。コンプライアンスは一人ひとりが高い意識を持って主体的に実践していくことが大切です。今後もこのしおりを活用してコンプライアンスの啓発を図っていきます。