トップページ > CSR > 社会との共生

社会との共生

従業員との関わり

当社では優れたものづくりと企業市民としての責任を果たしていくために、組織等の整備に加えて、従業員一人ひとりの成長が不可欠と考えています。「企業は人なり」の経営理念に基づき、従業員一人ひとりがその個性と能力を最大限に発揮できる体制整備に取り組んでいます。

教育訓練体系

 当社ひいては社会のさらなる発展の鍵を握るのは従業員一人ひとりの力です。その力を高めていくには、能力開発を通じて一人ひとりが変革し、自律していくことが重要と考えます。
 階層に応じて必要な教育訓練を体系化し、人事諸制度の総合的な運用を図りながら個人別の教育計画を定め、社会にその力を還元できる人財育成に努めています。

人財の育成と現場力の強化

 当社では、定年退職者の再雇用制度(エルダー制度)を設けていますが、特に優れた技能を有する再雇用者は、技能訓練教育を専門業務とする「技能訓練教育選任指導員」として技能承継の役割を担っています。また、社員の自己啓発の為の研修や通信教育講座を重要視し、一人ひとりの能力開発への支援に力を入れています。また、入社後の新入社員研修では、会社トップによる各事業の説明や、工場での実習はもちろん、各工場・支店、グループ会社への訪問研修、社外でのウォーキング研修やリサイクル活動研修など大変充実しています。社員の自立を促し、会社の永続的な発展の為に今後も積極的に資格取得の支援なども行っていきたいと考えています。

人材の育成と現場力の強化
人材の育成と現場力の強化
人材の育成と現場力の強化