トップページ > 企業情報 > コンプライアンス

企業情報

私たち石塚硝子グループは、企業としての社会的責任を果たし、社会からの信頼に応えていくことを目指しています。「コンプライアンス行動規範」は「石塚硝子グループ経営理念」の実現に向けて、企業活動における基本的な行動指針を定めたものです。
また、業務遂行において、社員一人ひとりが自主性をもって判断し、行動していく為の拠り所となる具体的な基準も併せて示しています。

コンプライアンス行動規範

  • 1.企業活動の目的

    石塚硝子グループは、ガラス関連製品、プラスチック関連製品、紙容器、その他の容器関連製品を中心に、社会的に有用な製品およびサービスの提供を通じて、豊かな社会の実現に貢献することを企業活動の目的とします。

  • 2.法令の遵守

    あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正な企業活動をします。国際ルールや世界の各地域における法律の遵守はもちろん、各地域における慣習・文化を尊重します。

  • 3.企業活動の透明性

    公正、透明な企業活動を行い、企業情報を適時適切に開示して、顧客・株主・地域社会その他の関係者への理解促進に努めます。

  • 4.人権の尊重

    私たちは高い人権意識を持ち、あらゆる人の尊厳と基本的人権を尊重して行動するとともに、人権尊重の精神にあふれた企業風土を築きます 石塚硝子グループの重要な経営課題の一つとして、社員一人ひとりの人権意識を高めることに積極的に取り組みます。

  • 5.職場環境の整備

    職場においては安全を第一に考え、社員が働きやすく充実感を持てる職場環境づくりに努めます。

  • 6.反社会的勢力への対応

    市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは毅然とした姿勢で対応します。

  • 7.環境保全・地域社会との共生

    環境問題への取り組みは企業の存立と活動に必須の要件であることを認識し、自発的・積極的に環境保全に努め、循環型社会の構築に貢献します。
    また、地域社会と共に歩む「良き企業市民」としての役割を果たし、地域社会との密接な連携と協調をはかり、良好な関係を維持するとともに積極的に社会貢献活動を行います。


石塚硝子グループでは、コンプライアンス行動規範をもとに社会の良識を守り、正しい行動をとるよう組織や体制づくり、教育の推進をおこなっています。活動内容詳細については「コンプライアンス活動紹介」をご覧ください。