沿革

1819年(文政2) 石塚岩三郎(初代)が現在の岐阜県可児市土田でガラス製造を始める。
1850年(嘉永3) 初代石塚岩三郎 尾張藩主徳川慶勝公よりビードロ細工の注文を賜る。
1888年(明治21) 名古屋市東矢場町に工場を新設し、創業の地である土田村から名古屋に移転する。
1926年(大正15) 名古屋市中区御器所町江越(現昭和区高辻町)に新工場を建設する。
1927年(昭和2) 国内で初めてシーメンス式タンク窯での白生地の溶融に成功し、白生地製品の大量生産の道を開く。
1961年(昭和36) 岩倉工場を新設稼動し、食器事業に本格的に参入する。その後、びん工場を新設しびん事業を拡大。
1971年(昭和46) ニューガラス事業に進出し、現在の機能性マテリアル事業へと展開。
1972年(昭和47) プラスチック容器事業に進出し、総合容器メーカーとして第一歩を踏み出す。
1976年(昭和51) アイピーアイ株式会社を設立し、紙容器事業に進出する。
1984年(昭和59) 東京工場を新設稼働し、関東地方に進出する。
1996年(平成8) PETボトル事業に進出し、その後プリフォーム事業へと展開する。
2003年(平成15) 姫路工場稼働を開始、西日本の生産拠点とする。
2005年(平成17) 石塚玻璃(香港)有限公司を設立し、中国進出の足がかりとする。
2006年(平成18) アイピーアイ株式会社の株式を全数取得し完全子会社化する。
2009年(平成21) ガラス食器の生産拠点として亜徳利玻璃(珠海)有限公司を中国に設立する。
2010年(平成22) アイピーアイ株式会社を吸収合併する。
2012年(平成24) 台湾の遠東グループとの合弁により、遠東石塚グリーンペット株式会社を設立。
2015年(平成27) 鳴海製陶株式会社を完全子会社化する。